シングルトンとは?

richcoding Inc. > 全部  > 開発  > Swift関連  > シングルトンとは?

シングルトンとは?

xCode 10+ iOS 12+ Swift 5+
xCode 10+ iOS 12+ Swift 5+

シングルトンとは、一度だけ作成され、使用する必要がある場所で共有されるべきオブジェクトのことです。Appleのプラットフォームでは一般的です。 FileManager UserDefaults UIApplication UIAccelerometerは、ほとんどがシングルトンの実装を通して使われています。

シングルトンの基本構造

Swiftのシングルトンの基本的な実装は以下のようになります。

struct Settings {
    static let shared = Settings()
    var username: String?
 
    private init() { }
}

Settings構造体にイニシャライザを追加すると、既定のメンバ単位のイニシャライザが自動的に無効になり、 privateマークが付けられているため、クラス外から呼び出すこともできません。ただし、この構造体は静的変数として自身のインスタンスを作成するため、 Settings 構造体のインスタンスは、その構造体が作成したものだけになります。つまり、 Settings構造体のインスタンスは、この構造体が作成したもの、 Settings.shared.username のみとなります。

ロジャース リチャード

アメリカ出身の日本在住30年で、14歳から独学でプログラミングを始めました。当初は主にゲームソフトを開発しておりましたが、現在はお客様のニーズに合ったビジネスソフトをメインに開発しております。

No Comments

Post a Comment

Comment
Name
Email
Website